excitemusic

北海道の詩や詩人に関するメモランダム
by wakamiya1998
ICELANDia
カテゴリ
全体
詩集
詩人
詩誌
詩作品
海のアンソロジー
詩のイベント
その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
初夏
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:詩誌( 2 )

始祖鳥

液体の風が重くのしかかった
細かい鱗をそばだて
肩甲骨をしごいていった

泥のような夢をみた
時間だけが粘りつき
硝子の視界を覆っていった

不意に野良猫が鳴いた
不吉な朝焼の背中を
一目散に知らせるみたいに

重油のような雨と
唐草模様のアスファルト
失われる何かの痛み

友情という星ではなく
同士という陽でもなく
一抹の憎しみの旗のもと

雷光とともに空が割れ
隻眼の始祖鳥が
眼窩の中を飛んでゆく


c0186871_8292487.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2010-05-26 08:29 | 詩誌

詩誌「極光」

先日雑誌「詩と思想」2009年8月号で、詩誌「極光」が紹介されました。これは同人誌群像という巻頭に掲載される詩誌の紹介のコーナーです。主宰の原子修先生の「〈言葉の精密な意味での現代詩〉を求めて」という的確な解説とモノクロの写真が同人の詩的多様性を表現しています。

c0186871_119352.jpg

c0186871_1110770.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-08-31 11:10 | 詩誌