excitemusic

北海道の詩や詩人に関するメモランダム
by wakamiya1998
ICELANDia
カテゴリ
全体
詩集
詩人
詩誌
詩作品
海のアンソロジー
詩のイベント
その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
初夏
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

詩人協会総会2010

2010年度の北海道詩人協会総会は札幌での開催です。4月25日午後から札幌駅近くの札幌アスペンホテルで開催されました。まず開会にあたり、光城健悦会長が軽妙なトークを含めて、あいさつをされました。

c0186871_1812784.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2010-04-26 18:13 | 詩のイベント

茂呂剛伸ライブ 2010 First

さる4月24日札幌大通のギャラリーCAI02で、茂呂剛伸さんのジャンベ太鼓ライブが行われました。今年は太鼓の演奏家活動に関わって、25周年という記念の年だそうです。そこで茂呂さんの年3回のソロライブとなったわけです。今年にかける茂呂さんの熱い意気込みが伝わってきます。
ライブは、トークをまじえて、前半はジャンベ太鼓と縄文太鼓の演奏。そして圧巻は後半の重厚なジャンベでの、渾身の演奏!この雰囲気はやはりその場で味わうしかありません!ライブ終了後には汗だくの茂呂さんと握手。演奏時の迫力とは違ったひとなつこい笑顔も彼の魅力でしょう。7月22日の縄文詩劇でも、縄文太鼓を披露するとのことなので、またひとつ楽しみが増えました。

c0186871_1812187.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2010-04-26 18:04 | 詩のイベント

無煙浜

時間が闇を切り裂き
淡々と削ってゆく
ここは現世の浸食海岸

過去を削り
現在を削り
さらに未来を削り倒す

打ち寄せしぶく波
はためき続ける風
砂は真一文字に飛ぶ

自らの意思とは別個に
寄り物は流れ着く
南から 北から 天上から

夢語りが消えたとき
寄り物は動きを止め
海の瀬へと打ち上がる

対馬暖流が洗う日本海の
その横顔のちょっとした凹部
ゾウやシカやウマの死体が埋る浜

無煙浜にたどり着くものは
時間と空間をひとしきりさ迷って
天上と下界からうち捨てられたもの
ヒトのような言葉のような俗物!

c0186871_159422.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2010-04-07 15:10 | 詩作品

アイの風

雪の多い街から風の強い街に来た
そんなふうに娘はつぶやいた
内陸から沿岸へと変るわけだから
風も心も少しは変わるのさ

制服というのはかた苦しいな
中学はこうやって縛ってゆくの
勉強は嫌いじゃないけど
塾には絶対行きたくないよ
教科が違うと先生は色々だね
でも変わり者が多い気がするけど

小さい頃は甘えっ子だったのに
最近はハッキリしているな
〈ナットー姫〉と呼んで
納豆を遊び食いしていたのにさ

ちょっとそれ三歳の頃でしょ!
わたしもう十三歳なんだけど
それからわたしのことあまり詩に書かないで!
ポエムってちょっとワケわかんないから

お笑い番組にバカ笑いして
単語カードを必死で作って
友だちにイラスト入りFAXを送って
小さなミシンでデジカメケースを作って
社会の添削課題に四苦八苦して
また友だちと電話でバカ笑いしている


さわやかな晴れの日には
制服の紅いリボンを飛ばされないように
風がさわぐ雨の日には
傘の骨を折らないように
紺のスカートをなびかせながら
のんびり学校に行きなさい

向い風は少々しんどいけど
海からやってくるアイの風
そして君の名前のように
明日の香りを運ぶ風
ローティーンにはいつも未来から
素敵な風が吹いて来るんだよ

二〇〇八年六月十二日 ー長女の誕生日にー

c0186871_156779.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2010-04-07 15:06 | 詩作品