excitemusic

北海道の詩や詩人に関するメモランダム
by wakamiya1998
ICELANDia
カテゴリ
全体
詩集
詩人
詩誌
詩作品
海のアンソロジー
詩のイベント
その他
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
初夏
from magnoria
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:貝殻幻想 ( 13 ) タグの人気記事

石暦:12月


12月ートルコ石

エジプトの遠い風景から
熱砂を越えてやってくる
やわらかなひとすじの
水にうるんだ視線・・・

あなたはベールの中できらめいている
淡いプロシアンブルーの風を帯び
美しいカボションの横顔を
朝の陽光にたたかせて


c0186871_926585.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-12-04 09:26 | 詩集

石暦:11月


11月ートパーズ

わたしは贋物だったの

黄水晶(シトリン)の女はつぶやいた

黄玉(トパーズ)は硬度八度
黄水晶(シトリン)は硬度七度
その一度の壁を
乗りこえられなかったから
そう言って女は去った
黄金色の涙を流しながら

c0186871_1944220.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-11-06 10:30 | 詩集

石暦:10月

10月ーオパール

珪質の半球に
そっと封じこめられた
三億年前の虹の記憶

地殻に封印された
虹の化石をみつめていると
進化できなかった人魚の
無言のかなしみが
円環のように聞こえてくる


c0186871_1272864.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-10-06 12:09 | 詩集

石暦:9月

 9月ーサファイア

セイロンの
ペグマタイトに咲く
慈愛にみちた青い花

ひとつ これはあなたへと・・・
ひとつ これはわたしへと・・・

この石の花は
咲けば消えてゆくばかり
依然として世界は氷期のままなのに

c0186871_1335964.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-09-03 13:04 | 詩集

石暦:8月

 8月ーサードニックスー

白玉髄の
硬度七度の王国を
ヘリンボーンのように
赤く赤く走る波

脈岩に現われた
赤い剥離の扉を
ハンマーでかきわけると
そこには緋の王女が眠っていた



c0186871_14172584.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-08-13 14:18 | 詩集

石暦:7月

 7月ールビー

最高の色調は鳩血色・・・
成層圏の呪いや岩石圏のうなりを
ぞんぶんに溶かしこんで
激しく透き通る石の炎

その炎の奥には
きざまれた男の肩と
からみつく女の髪が
ひとしきり燃えさかる
南南西の熱風にあおられて



c0186871_1011354.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-07-03 10:01

石暦:6月

6月ーパール

アコヤガイが
三年のあいだ
泣きあかして作る
哀しみの白い数珠

人知れず重い海の底で
降り積もるマリンスノーを払いもせず
一心に祈り続けるきみの心に
この海の恒星をそっと灯してあげたい


c0186871_15145053.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-06-09 15:11 | 詩集

石暦:5月


 5月ーエメラルド

しなやかな音色と
コケティッシュなリズムで
そんなに引きつけないでくれ
その眼光に吸いよせられたら
どんな硬質岩だって
あっと言う間にまっぷたつ

地下二千キロメートルのエルドラドから
濃緑のささやきが
魔女のようにこだまする

c0186871_9132484.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-05-07 09:15 | 詩集

石暦:4月


 4月ーダイヤモンド

  (一番硬いものを一番信じてみたいから・・・・・)

はるかな大星雲の縁にきらめく
氷の小惑星の破片が
透明な君の言葉であってほしいのだ

時間軸の極大と空間軸の極小に
交差して輝き続ける口許には
冬の帝国を溶かす
ブリリアントの微笑がある


c0186871_14243450.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-04-03 14:23 | 詩作品

石暦:3月


3月ーブラッドストン

最後はやはりこうなるんだな
凍裂から秘やかにやってきた
外ウラルの女よ

おまえの鉱脈には
もう変成作用のおもかげはない
マグマの底で
血を吐きちらかして
混成岩へと眠ってしまえ!

c0186871_8415024.jpg

[PR]
by wakamiya1998 | 2009-03-02 08:42 | 詩作品